絶食ダイエットとは

絶食ダイエットについて

絶食ダイエットは文字通り食べ物を全く食べないで痩せる方法です。
一定期間、食べ物を摂取しないやり方が断食です。
最近では、一週間のうち週末等を利用して 固形物を摂取しないプチ断食が手軽に行えるために人気のようです。
ただ、絶食・断食共に食事を絶つとういう点では 共通で健康を害してしまうかもしれないデメリットがあります。
一時期は病院でも絶食療法というのがあったそうです。
しかし、不整脈、心臓発作などの副作用の危険性が多いために 今となってはこの療法を行っている病院はほとんどないそうです。
むしろ、現在は低カロリーの食事を摂取する方法が主流のようで いくらかの効果を上げているようです。
この療法はBMI値が35以上の高度肥満者が対象で 簡単にいえば、タンパク質、ビタミン、ミネラル等の体に必要な 栄養素を補いながら摂取カロリーを抑制するやり方です。
摂取カロリー数が低すぎると絶食と変わらないので 一日に500kcalは摂るそうです。
このように、絶食・断食などのカロリー数を極端に低く抑えながら 痩せるダイエット法は体・精神面ともに与える影響が大きく、 一時的に減量できてもリバウンドする人が大半のようです。

2style.net