desire 2
2style.net
これは小さな事件。

ある言葉を貰うための、ほんの些細なゲーム。

------------------------------
   desire −中編−
------------------------------


人間界に戻ると、太公望は周公旦に説教されたのは言うまでも無く、楊ゼンにまで捕まった。
楊ゼンは太公望を怒ることなく何処に行っていたかだけを聞いて、また仕事に戻って行った。
(何も言わぬのう…)
もう太公望の躰は女の躰に変わっている。
それに、楊ゼンが気付かない筈が無い、が。
(まさか、本当に気付いておらぬのか?!)
もしも気付いていないのなら女になった意味が無い。
不安が頭をよぎっていった。


早速周公旦に仕事を渡され、それを大人しくやっている太公望だが、その頭の中は楊ゼンにどうやって気付かせるかと言うことと、雲中子に去り際に言われたことがぐるぐる回っていた。
(いっそのこと誘ってみるか…)
と、考えるが、
『ナニすると戻れなくなるから』
と、言う雲中子の言葉が頭をよぎる。
気付いて欲しくても、事に及ぶことは出来ない。
もしも、女のまま戻れなくなったりでもしたら、これからの戦いにおいて足手まといになってしまう。
そんなことは分かっているのだが…。
気付いて、少しぐらいは『可愛い』とか言って欲しいと思う。



男の自分がそんなことを、とも思うのだが、自分が女官達に嫉妬をしていることぐらいは分かっていた。
楊ゼンが女官達に囲まれて他愛無い話をしているだけで、居ても立ってもいられなくなるのだ。
楊ゼンを疑っているわけではない、と思う。
だが、心の何処かで疑っている。
自分は男、だから…。
それだけは変えられない事実なのだ。
楊ゼンからは何度も性別なんて気にしなくて良いとか言われたが、その度に自分は子供みたいに黙り込んでしまっていた。
女になって、綺麗な着物を着て、町に出て、腕を組んで歩いてみたい…。
ほんの少しの間で良いから、楊ゼンを本当に独り占めしたかった。
だから、女になったのだ。




   ***



太陽は沈み、部屋に光が灯された。

太公望が悩みに悩んで、楊ゼンに勝負を挑もうと思っていた時間だ。
しかし、現実と周公旦は非情なものである。
(何時になったら仕事から解放されるのだ…!!)
帰って来てからは黙々と仕事を真面目にしていた。
早く仕事を終わらせて楊ゼンの元に行こう、と。
だがしかし…。
すでに執務室には太公望一人である。
失踪した罰、とか何とかで解放してもらえないのだ。
折角恥を承知で雲中子にまで頼んで女になったのに、楊ゼンに気付いてもらえず、仕事をして1日が終わったとしたら自分は馬鹿ではないか。
だが…、
(今夜はもう無理なのかのう…)
太公望が諦めかけた頃、周公旦が不意に声をかけた。
「太公望。今日はもう終わっても良いですよ」
神は太公望を見放さなかったのだ。
「本当かっ?!」
太公望はそう言うのとほぼ同時に執務室を飛び出していった。



   ***


執務室から楊ゼンの部屋に直行で行こうと思っていた太公望は、あることを思いつき、蝉玉の部屋へ寄って行くことにした。
「蝉玉、ちょっと良いか?」
太公望は蝉玉の部屋につくと静かにノックを数回し、そぉっと戸を開けた。
「あら、太公望。どうしたの? こんな夜遅くに」
蝉玉は少し驚いた様子だったが、快く太公望を部屋の中に招き入れた。
「ちょっと頼み事があってのう。その、…服を貸してくれぬか?」
だんだん語尾が小さくなっていきながら太公望は言った。
「服ぅ?! あ、あんた、そんな趣味があったの!?」
「無いっ!!!」
後ずさりしながら叫ぶ蝉玉に、太公望は間髪入れずに否定した。
そして、今までのことを全て話した。
すると、その話を聞いた蝉玉はさも楽しそうに満面の笑顔を見せながら、長持の中から薄い桃色の綺麗な着物を太公望に渡した。
「頑張ってらっしゃい♪」
太公望にその着物を着せると、蝉玉は背を押しつつ太公望を部屋から送り出した。
(何をだ!)
と思いつつ、太公望は暗い廊下を歩いていった。



行き先は言わずもがな、楊ゼンの部屋である。





next


-------------------------------------------------------------------

多分誰も待ってはいないとは思うんですけど、desireの続きです。

簡単に言うと、この中編、只の繋ぎだったりします;
早くヤン氏のトコに行けやと描いてる最中四苦八苦してみたり。(苦)
でもでも、意外と女装とかって面白かったですv
私の中では蝉玉と望ちゃんはかなり仲良しさん。“乙女の味方、蝉ちゃん!”ってね。(笑)

ネタバレも何も無いのでもうちょっと喋っても良いんですが、どうしようもないブツなので、この辺でコメント終了しておきます;
ではでは、後編で。