◇2008/12/06 完結済み 【▼new▼

想いは融ける。
歌声と同じで、調和する

あの頃願った想いは届いた。

でも、本当にいいの? ミカナギ。
私の相手をするのは、きっととても大変よ?




= ら ぼーちぇ でぃ あんじぇろ =




= とうじょうじんぶつ =   = いらすと =

 ◇ 本編

 ◆ プロローグ

 ◇ 第一章  拾われた恩は、意地でも返すのだ、の章

 ◆第一節 : 行方知れず
 ◆第二節 : ハローワールド
 ◆第三節 : 不完全な天使
 ◆第四節 : お姉ちゃん
 ◆第五節 : あなたを想う、籠の中の鳥
 ◆第六節 : 一緒に旅しよう。
 ◆第七節 : 心を歌うから、こんなにも歌声は遠くへ響くの。
 ◆第八節 : 子連れ狼
 ◆第九節 : 天才の違法行為
 ◆第十節 : 忍び寄る影
 ◆第十一節 : 蹴るか斬るかはご愛嬌
 ◆第十二節 : 久々の、あなた


 ◇ 第二章  ロボットの憂鬱、とか言ってみる、の章

 ◆第一節 : 相棒喧嘩は、犬も食わない
 ◆第二節 : こんなにも込み上げる想いは
 ◆第三節 : なんとなく。寂しい。
 ◆第四節 : それじゃ、これ、餞別ってことで
 ◆第五節 : 勘弁して
 ◆第六節 : 緊急事態
 ◆第七節 : 来襲
 ◆第八節 : 渡せるか、ボケェ!!
 ◆第九節 : ぶつかりあう意志。人外の力を持つ者。
 ◆第十節 : ろまんちすと
 ◆第十一節 : 『仕方のないこと』
 ◆第十二節 : 『 翼 』
 ◆第十三節 : 謝るべき相手は、どこにもいない


 ◇ 第三章  徒歩でも行けます、の章

 ◆第一節 : 祈り
 ◆第二節 : 人間と人間じゃないのの境界線
 ◆第三節 : 放っておいて
 ◆第四節 : なんだ、紛いって
 ◆第五節 : あなたアナタ貴方
 ◆第六節 : 『姉妹』
 ◆第七節 : 仕方ない。そんな言葉、気に食わない。
 ◆第八節 : 
 ◆第九節 : 受信
 ◆第十節 : 歌姫はゲンキン
 ◆第十一節 : 砂漠を越えて


 ◇ 第四章  落ちた砂、繰る(くる)手、の章

 ◆第一節 : 学者の庵
 ◆第二節 : 臆病者
 ◆第三節 : 大好き、ダイ好き、だいすき???
 ◆第四節 : ニールセン・ドン・ガルシオーネ? 面倒くさいから、おっさんで。
 ◆第五節 : 時の流れを読む者。会話は読めないけどな。
 ◆第六節 : 銀の髪の、傲慢少年
 ◆第七節 : 現金ミカちゃん、奔放あもちゃん
 ◆第八節 : ここは砂時計の町。神の導きを待つ……町。
 ◆第九節 : ちょっとだけ、切れた。
 ◆第十節 : 時が生むは、現在・過去・未来。思い出・罪・夢。(前編)
 ◆第十一節 : 時が生むは、現在・過去・未来。思い出・罪・夢。(後編)
 ◆第十二節 : 理解はできなくとも、記憶は動く。
 ◆第十三節 : 心が似ている。
 ◆第十四節 : 知ってください、痛みを。…………いえ、やっぱり、知らないでください。
 ◆第十五節 : キレた子供。
 ◆第十六節 : 泣きたくて泣きたくて。
 ◆第十七節 : Transgenics-Mensch
 ◆第十八節 : Transgenics-Mensch ぱぁとつー☆
 ◆第十九節 : 異論
 ◆第二十節 : けしかけるな、おっさん。
 ◆第二十一節 : ごめんなさいでした。
 ◆第二十二節 : 消えてしまえ。
 ◆第二十三節 : 氷の好きなタイプ、嫌いなタイプ。


 ◇ 第五章  海だ! 水着だ! の章

 ◆第一節 : 変態はパパとして当然?
 ◆第二節 : 海の街・マリーク
 ◆第三節 : 誤解だ。本当に誤解だ……。
 ◆第四節 : 一肌脱がなくっちゃ。
 ◆第五節 : いなくても、そこにいる。
 ◆第六節 : 海は色々ありますよぉ。
 ◆第七節 : 異常者。
 ◆第八節 : 女なうえにロボットだぜ?
 ◆第九節 : あなたが好きです。届かなくてもいいから、想わせて。
 ◆第十節 : 青痰は漢の勲章?
 ◆第十一節 : Transgenics-Mensch 001は、誰よりも丈夫な子。
 ◆第十二節 : 線路は続くよ、あなたへと。


 ◇ 第六章  届けよ、この想い。そして、オレは歩き出すよ、君の元へ、の章

 ◆第一節 : 姫の恋煩い
 ◆第二節 : 恋時間
 ◆第三節 : 服はいつでも戦闘用。
 ◆第四節 : さようなら。……そして、久しぶり。
 ◆第五節 : 部屋で待ってる
 ◆第六節 : 会いたい気持ち
 ◆第七節 : 誘拐大作戦
 ◆第八節 : 
 ◆第九節 : ネコの気まぐれ
 ◆第十節 : パパの弟
 ◆第十一節 : お姫様はお姫様だからお姫様なのです。
 ◆第十二節 : 
 ◆第十三節 : 天使の住む場所は、虹の彼方。
 ◆第十四節 : 噛み合わない、噛み合えない。
 ◆第十五節 : 私たちの在り方。


 ◇ 第七章  君は僕の誇りであり、僕は君の誇りだった、の章

 ◆第一節 : 太陽の光受けて輝くは……
 ◆第二節 : 気高き姫と、幼き遂行者
 ◆第三節 : 私を奪い合うのはやめて!! ……なんて言うはずないでしょ?
 ◆第四節 : もしかしたらのロマンは好きだけれど、暗い話は大嫌いさ
 ◆第五節 : 『囚われの者』
 ◆第六節 : 『ママ』
 ◆第七節 : Just Do It! Eins
 ◆第八節 : Just Do It! Zwei
 ◆第九節 : Just Do It! Drei
 ◆第十節 : ハズキ構想録
 ◆第十一節 : 血まみれのお兄ちゃん
 ◆第十二節 : あなたのいちばん
 ◆第十三節 : 大切な天使
 ◆第十四節 : 命、というもの


 ◇ 第八章  音なんてない。それでも、優しい愛のうたなんだ、の章

 ◆第一節 : ガルシオーネ二世の恋愛相談室
 ◆第二節 : 泣き虫ミカナギ
 ◆第三節 : 思い立ったはいいが……
 ◆第四節 : 姫の価値観。対の眼力。
 ◆第五節 : アインスフォルダ
 ◆第六節 : 生きて欲しい。願う気持ちこそ、全てじゃないのか?
 ◆第七節 : 命の答え。
 ◆第八節 : 叱ってくれようとするだけで……
 ◆第九節 : ボクの想いで、君が輝くように。
 ◆第十節 : 2人の約束
 ◆第十一節 : マイスウィートエンジェル


 ◇ 第九章  想い交錯、その手に君は何を抱くか、の章

 ◆第一節 : 慕いし君
 ◆第二節 : ツヴァイの生まれた理由
 ◆第三節 : 胎動セヨ
 ◆第四節 : 可愛い鈴の音 猫風味
 ◆第五節 : 彼女のプライド
 ◆第六節 : Over the rainbow……
 ◆第七節 : ラブラブアイシテル
 ◆第八節 : ハズキ、画策
 ◆第九節 : スキスキダイスキ
 ◆第十節 : クラウンオブプリンセス
 ◆第十一節 : 究極の女難の相所持者
 ◆第十二節 : 『 鍵 』
 ◆第十三節 : アイちゃん復活デー
 ◆第十四節 : 女って生き物
 ◆第十五節 : 考えても仕方ないし
 ◆第十六節 : 僕の気持ちには気づきもしない
 ◆第十七節 : どっちの愛が勝ってる? もちろん、オレだね。いいえ、私よ。
 ◆第十八節 : 人類はそんなに偉いのかって話。
 ◆第十九節 : その真実には、決してあなたは触れないで


 ◇ 第十章  全ての想いを取り戻して、そして、君に会いに行こう、の章

 ◆第一節 : 翼の姫君の心満つる時
 ◆第二節 : 過ちという名の光
 ◆第三節 : ただ、そこにあるもの
 ◆第四節 : 愛しいわが子へ
 ◆第五節 : 才持つ鳥はとっても寂しがりで……
 ◆第六節 : 天使、行方不明
 ◆第七節 : ママの大好きなもの
 ◆第八節 : 月とすっぽん
 ◆第九節 : 優しいもんな
 ◆第十節 : ママの苦悩
 ◆第十一節 : 胸騒ぎ
 ◆第十二節 : 赤い世界に消えた人
 ◆第十三節 : 仕方ねーじゃん。もう、どうにもならねーんだから。
 ◆第十四節 : 生きるには目的が必要だ。
 ◆第十五節 : 鈍感・最悪・意気地なしのとーへんぼく
 ◆第十六節 : 生者と死者の狭間で


 ◇ 第十一章  自由に生き、そして、愛するあなたたちを護るための戦い、の章

 ◆第一節 : 飼い猫の異変
 ◆第二節 : 潜入! 虹の塔
 ◆第三節 : 懐かしき日々、その価値を知るのは……ずっと先
 ◆第四節 : 生きるのならば、他人(ひと)のために生きたい
 ◆第五節 : 心に損傷を負いました。
 ◆第六節 : お前、誰だ?
 ◆第七節 : 死んでたまるか!
 ◆第八節 : あの、馬鹿!!
 ◆第九節 : 護るべきもの
 ◆第十節 : わたしにできること
 ◆第十一節 : プラントの構図、完成


 ◇ 第十二章  想った分だけ想いは帰ってくるんだ、の章

 ◆第一節 : 懐かしき母
 ◆第二節 : 苦しむ弟の傍にいてくれた人
 ◆第三節 : 無知で臆病な子供でごめんなさい。
 ◆第四節 : 遺伝子が言う。このお兄さんなら大丈夫だって。
 ◆第五節 : 養父 VS 養子
 ◆第六節 : 護りたかったたいせつなもの
 ◆第七節 : 親愛なる愚兄殿
 ◆第八節 : ほっこり片想い
 ◆第九節 : 伝うるべき想いか否か
 ◆第十節 : お姫様――電気が無ければ、ただの人
 ◆第十一節 : 置いてきぼり姫
 ◆第十二節 : 囲み突破
 ◆第十三節 : 優しい日に出会うための戦い
 ◆第十四節 : ミカナギ VS とわ Part1
 ◆第十五節 : ミカナギ VS とわ Part2
 ◆第十六節 : 奪還大作戦
 ◆第十七節 : 一難去って、また……


 ◇ 第十三章  届いた想い。その笑顔で生きて……それがオレの望みだから、の章

 ◆第一節 : とびっきりの『好き』が届かない。
 ◆第二節 : 動き始めた悪意
 ◆第三節 : トワ+ツヴァイ VS 氷?
 ◆第四節 : 空と同じ髪の色
 ◆第五節 : 愛しきものへ
 ◆第六節 : 彼の先にある孤独よりも深い闇
 ◆第七節 : 救いの騎士は王子よりも早く
 ◆第八節 : 覚悟
 ◆第九節 : 瓜二つ
 ◆第十節 : 絶対零度の闘い
 ◆第十一節 : 黄泉比良坂
 ◆第十二節 : 約束の月


 ◇ 第十四章  ひとつの命が消え、ひとつの希望が始まる、の章

 ◆第一節 : 守護者
 ◆第二節 : 遠い昔、この地にあった国のお話
 ◆第三節 : 時間の神様のいじわると、彼女は言う。
 ◆第四節 : カノウの強さ
 ◆第五節 : 虹の秘蹟
 ◆第六節 : あなたなんて存在しなければ。
 ◆第七節 : 暗雲立ち込む
 ◆第八節 : 最期まで一緒にいて
 ◆第九節 : さよなら大好きな人
 ◆第十節 : 世界と貴女、どちらかしか選べなかったら、どうしようか? 解答編
 ◆第十一節 : 孤独な王の、心の寄る辺
 ◆第十二節 : 孤独な王の、求めた場所
 ◆第十三節 : かつて見た天使は、もうどこにもいない


 ◇ 第十五章  天使の声に想いを馳せ、オレは君と歩いてゆこう、の章

 ◆第一節 : 彼の起こした奇跡
 ◆第二節 : あなたの心に届きますように
 ◆第三節 : 眼鏡の朴念仁
 ◆第四節 : 同じ瞳の王子様……?!
 ◆第五節 : 姫は小姑?
 ◆第六節 : 気障は血筋です。
 ◆第七節 : 僕の天使と、僕の心
 ◆第八節 : さようなら、ボクの天使
 ◆第九節 : あなたと
 ◆第十節 : 君と、歩いてゆく




 ◆ エピローグ
 
※感想、いただけると嬉しいです!
   感想用メールフォーム



  : 総合TOPへ戻る

Counter : 


2style.net